私が持ってるバイク XR250R ジクサー150 カブ110

445 views

現在、私が所有しているオートバイは3台。

  • ホンダ XR250R(オフロードバイク:1995年式)
  • スズキ ジクサー150(ロードバイク:2019年式)
  • ホンダ スーパーカブ110(たぶん2010年頃)
XR250R
ジクサー150
スーパーカブ110
うつなつ

うつなつ

多いですか?

ジクサーだけは新車購入ですが、もともと安いバイクですし、

他の2台は前のオーナーさんにとても安く譲っていただいたので、

車両価格だけでいうと、3台合計で70万くらいです。

1,000ccオーバーのバイクに乗ってた事もありますが、

高速ほとんど使わないし、お財布が寂しいので、今はそんなに必要を感じません。

簡単に3台について紹介しようと思います。

すべて可愛いウチの子たちなんで、採点甘いです(笑)。

ホンダ XR250R(ME06)1995年製

1位みたいだけど違います、、、

3台の中で一番古くて、製造されて26年目になります。

というか、

うつなつ

うつなつ

こんな古いオフロードバイク乗ってる奴は、あんまりいません。

最近は国内4メーカーも、車種が少なくなってるんで、

友人たちは外車が多いです!

実は若いころからのあこがれのバイクでもあり、

5年前に友人が「売りたい」と言った時にすぐに手を挙げました。

一言で言うと、

ホンダが他社のパワフルな2ストマシンに勝つために、本気で造ったバイク!

パワーでは負けても、壊れず、ライダーも疲れないのでトータルで速いように造られてます(と思う)。

国内生産ですが輸出されていたモデルで、保安部品(ウィンカー・ブレーキランプ等)を装備して、

当時80万以上で売られていたと思うんですが、高くて手が出ず、

国内販売モデルのXLR250Rを乗り継いでいたのですが、形は同じでも中身は結構違いました。

20年以上の時を経て、やっと手に入れることができました。

兄貴分のXR600Rも乗っていましたが、林道・レース・ゲロ道(押しの入るような道)と、

オールマイティに使えるのは250だと思います。

実は同じXR250Rの次の型式(でも年式は同じ1995年)⬇︎も、これの前から持っていたのですが、

ナンバー無しで国内200台限定で発売されたモデル

ナンバーを付けることができないのと、デザインが古い方が好きなこともあって、

2台持ちが難しくなった時に、現在の車両の方を残しました。

最近は在庫がない部品も多くなってきましたが、今でも林道で最新マシンに混じって十分に走ってくれます。

乗れなくなるまで(バイク?、ライダー?)乗ってやろうと思っています。

XR250Rの良いところ

  • シンプル(空冷・正立サス)で軽く、壊れにくい
  • 足す物も、引く物もない完成されたデザイン
  • 中低速があり、サスも柔らかめでライダーに優しい
  • XLRと合わせて割と台数出てたので、まだ社外パーツがある方かも

スズキ ジクサー150(NG4BG)2019年製

現在のツーリングのメインマシンです。

XR250Rは帰国子女ですが、ジクサー150はなんとインド生まれです。

スズキのインド工場で生産され人気爆発!

バイクオブザイヤーの13部門を獲得し、スズキが正式に国内販売することになったバイクです。

輸入車なのに新車価格が33万弱!

この前に乗ってたカワサキのVERSYS-X 250 TOURER(これも中古で購入)を下取りに出して、

追い金でなく、おつりが8万もありました

154ccという日本では中途半端な排気量、14馬力という少ないパワー。

でも評判通り買った日から、

うつなつ

うつなつ

これ、マジで良いじゃん!

となりました。

2019年の10月に購入して約2年、

コロナウィルスの自粛で、まだ走行距離は2万キロくらいですが、

  • ライトを丸型にしてLEDに
  • ハンドルを交換してパイプ1本分アップ
  • リアキャリア装着
  • USB端子装着
  • タイヤ交換の際にリアタイヤを1サイズ細く

等、自分好みに少しづつカスタムしています。

「もう少しパワーが欲しいなぁ」と思うこともありますが、

滑らかなエンジンの低速トルクと燃費が素晴らしく、

しばらくは私のツーリングウェポンの位置にいそうです。

ジクサー150の良いところ

  • 50km/Lの燃費と12Lのタンクで、航続距離は600km!
  • 150とは思えない低速トルクで楽チン、ギアチェンジをサボれます
  • 3台中唯一のチューブレスでパンク修理が楽そう(まだパンクなし)
  • 135kgの車重で取り回しも楽々、足つきも良い(身長186cmだからか)
  • シートがマジで秀逸です、腰が痛くなりません(当社比)
  • 値段の割にはメーターがフル液晶で機能てんこ盛り
  • 高速も一応乗れる、巡航できる

ホンダ スーパーカブ110(JA07)2010年製あたり

スーパーカブについては世の多くの方が語ってくれていると思います。

(なんせ世界で1番売れているバイク

ジクサー150の前のヴェルシス250を購入するまでは、ツーリングのメインマシンでした。

キャンプ道具を積んで九州に何度も行ったり、ライブを観に大阪や広島に行ったことも

これも中古で安く購入しました。

最近は長距離は乗らないものの、走行距離5万kmに近づいてまだまだ快調です。

初めて乗った時、

うつなつ

うつなつ

こ、これは思ってたよりパワフル!

そしてハンドリングがめちゃシャープやん。

と思いました。

正直、一般国道を車の流れに乗って(時にはリードして)走るのに十分なパワーです。

キャンプ道具満載して、しかも86kgの私が乗って坂道になるとさすがに苦しそうですが、

それでも不満に思わない不思議な魔力がやっぱりカブにはあります。

アクセル捻って「ストトトト、、、」と走ると、

初めてバイクに乗った少年の頃や(私のバイクデビューは祖父のカブ70)、

オートバイ創世記の浜松の空が見えてくる(知らんけど)。

燃費の良さや冬の防風性は言うに及びませんが、長距離で腰が痛くなる(私だけ?)のが唯一の難点。

通勤に、買い物に、近距離のツーリングにと、まだまだ活躍してもらう予定です。

スーパーカブ110の良いところ

  • 60km/Lの燃費はさすがにジクサーでもかなわない
  • ミニ風防とレッグシールドで冬はかなり寒さが防げます、ハンドルカバーも付けたら最強
  • 自動遠心クラッチ4速はとても楽チン、90/70と違ってショックも少なくなってます
  • 荷物の固定が楽、しっかりと固定できる
  • しまなみ街道の原付道が走れます(125cc以下)高速本線より絶対オススメ
  • フルチェーンケース、ワイヤのシーリング等、メンテサイクルを長くする工夫が各所に

というわけで、現状の3台にはかなり満足しています。

今日現在、新型コロナウィルスの影響で、県外への遠出やキャンプツーリングを控えている状況ですが、

早く元の日常に戻って、ガンガン日帰りやキャンプへも行きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

私が今まで乗ったバイクはこちら↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA