買ってよかったキャンプ道具「レッドレンザーLEDヘッドライト」(ライト)

605 views

2020年9月に、Amazonで6,050円で購入

うつなつ

うつなつ

今回は「本当に」買ってよかったやつ

え!今までのはなんやの?

ジロさん

ジロさん

うつなつ

うつなつ

パンダもフュアーハンドも、性能より見た目重視というか、B型だからじゃないんだろうけど、人と違うものが持ちたいというか、決して王道製品で万人に勧められるとは言えない気が、、、

このヘッドランプは、ドイツプロダクトらしいカッチリした性能です。

(フュアーハンドもドイツ製品だった)

ちょっと怖い(笑)パッケージは、一時期地元のホームセンターにもずらっと並んでたけど、

いつの間にか無くなったので、やっぱちょっと高かったのかもしれない

USB充電もできるタイプなんで、電池のみのタイプより更に高かったです

と思ったら、先日釣具店に並んでいるのを目撃した。

うつなつ

うつなつ

キャンプはもちろん、夜釣りにも目が弱ってきたおじさんには最適

メーカーも力説してる通り、「照射範囲内での光の均一性」がとても優れていると思います。

その前に使ってたジェントスのヘッドランプと比較してみました。

廉価モデル(2018年6月に1,227円で購入)なんでフェアじゃないけど

使用電池は同じ単3電池×1本

ジェントスHi 95ルーメン(実用点灯7.5時間)
レッドレンザーLo 20ルーメン(点灯時間35時間)
レッドレンザーHi 400ルーメン(点灯時間4時間)

比べてみると看板に偽りなく、レッドレンザーは光の円内が均一でとても見やすいです。

2年間の差か、省電力も圧倒的

今まで1年間の使用では、Loで十分でHiを使う事はほとんどありません

夜道で使ってみてもこんな感じで、とても歩きやすいし安全。

Loモード

普通に頭に固定する以外に、バックルから外してクリップでショルダーベルトとかに固定もできます。

ベルトについてるリングで、テント内のループとかにも吊り下げやすい様にもなってる。

頭に当たる部分はスポンジがついてるし、角度調整は無段階、

焦点調整もできるし、赤色灯もついてたりと、

うつなつ

うつなつ

もう正直欠点が見当たらない

ヘッドライトを数多く使ってみたわけではないので、もっと良いのやご意見があったらお知らせ下さい。

MH3は、私が買ったのからUSB充電を省いたモデルで、実売3,600円くらいです。

まとめ
  • 均一な明るさで目が疲れず、夜道や岩場とかでも安心度が高い
  • ベルト、クリップ、ループ、無段階調整等で、照らす場所を調整しやすい
  • 電池寿命も長くLoモードでも明るいので、充電できないモデルで充分だと思います
  • 私はテント泊ばかりで、山小屋とか行ったことないので赤色灯だけは使わないかも
  • ペツル・ブラックダイヤモンド・モンベル以外のライトが欲しい人に(笑)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA