カツカレー「キッチン ライオン」(カレー:松山市)

162 views

独断的オススメ度は、⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 9

今日は天気も良く、松山市まで映画を観に行きました。

お昼は前から気になっていた「ライオンのカレー」を食べることにしました。

    

また遠回り

余裕を持って7:00頃出発。

往路は映画観るまでに疲れないように、自宅〜松山市の標準的なルートで行こうと思ってましたが、

道の駅日吉 台車に乗ったテントは何?

思ったよりも時間に余裕がありすぎて、途中からまたいつもの、

うつなつ

うつなつ

酷道ハンターと化してしまいました

狩野川ダムでR197を離れてK55へ

あの塔のあたりは2016年に洪水吐トンネルのフリーウォークに降りていった所ですね。

懐かしい、、、

K55は予想した通り、自分好みの里山ワインディングというか渓流ワインディング。

2車線の場所もある

「初めて走ったかな?」と思ったけど、なんか屋根付きの橋に見覚えがありました。

笹ヶ峠のあたりは、なかなかの標高&狭さ。

山から下ったらR380に合流、そしてR379で砥部町から松山市に入ります。

市内中心部まで走って、千舟町通りの「キッチン ライオン」に到着!

ライオンのカレー

11:30頃の入店で先客は2組くらいでしたが、私が入ってからも客が絶えず入ってきます。

悩むけどまずはマイスタンダードの「カツカレー辛口」を注文。

すぐにサラダが運ばれ、カレーもそんなに待つことなく到着しました。

注文直後「あ、大盛りにした方が良かったかな?」と思ったけど、充分なボリューム。

もう大盛りの歳やないから、、、

ジロさん

ジロさん

さてお味は、、、。

うつなつ

うつなつ

あ、美味い!ホテルのレストランの欧風カレーですね

煮込んで野菜とか肉も溶けてて、デミの風味とほどよい酸味が良い。

ホテルで出たら1.5〜2倍の値段なんだろうけど、この値段と味は素晴らしい。

カツは薄いんだけど、このカレーだとこの薄いカツが合う気がします。

辛さも私好み、サラダはあっさりなんだけど、付け合わせはそれで良し。

他の客は「海の幸カレー(カニ・エビ・ホタテクリーム)」を多く注文してました。

映画館へ

満足してバイクで20分ほど走って、ショッピングモール「エミフルMASAKI」へ。

映画は結局カンヌで脚本賞を受賞した「怪物」を観ることにしました。

うつなつ

うつなつ

確か1:20頃からだから、先にチケットだけ買っとこう

と思って入ったら、今日から時間が変わってて、12:10からではありませんか!

うつなつ

うつなつ

あと5分!

慌ててチケット購入して、飲み物も買えず席に着きました。

映画は127分、で、感想。

うつなつ

うつなつ

なんか落ち着かなくてドキドキする

人生に全く不安がない人が見る分には良いのかもしれないけど(笑)、

自分の子供がいじめにあってるかもしれないとか、学校がそれを隠蔽するとか、

真相が謎のまま物語が続いて行きます。

開始早々思ったのが、安藤サクラ始め登場人物の会話や行動が圧倒的にリアル。

現実はお芝居のように理路整然としてなくて、無駄な動きやすべったセリフもある。

途中から立場を替えてプレイバックが始まり、そうすると今までと全く違う印象。

そのうち時系列も前後しはじめた気がして、かなりミステリアスな展開でした。

ラストシーンはとても美しかったけど、はたして怪物は誰だったのか?

誰の心の中にいたのか?

今レビューを見たら、芥川龍之介の「藪の中」だという意見もありました。

うつなつ

うつなつ

読んだことないけど

ラストで2人は死んでしまったという見方もあるのか〜、いや違う気がするけど〜。

面白くなかったかというと、全然そんなことはなくて、

うつなつ

うつなつ

良い映画を観たという気持ちはすごくします

でも映画館じゃないとダメだったかというと、う〜〜〜ん。

男性用トイレの表示

映画が終わってもまだ14:30だったので、カルディで買い物して、

またクネクネ道のR441を走って18時過ぎに帰宅しました。

本日の走行 344km

おまけ

この看板、子供の頃は怖かった。

機関車トーマスかい!

「♫どこま〜でも行こう〜」はヨコハマじゃなくてブリジストンだっけ?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA