登山・温泉とバイクの相性

56 views
うつなつ

うつなつ

今更ですが、バイクが好きです

16歳からずっと乗ってて、できることなら旅行はバイクで行きたい。

五感で得られる、その場所その瞬間の情報が他の交通手段よりも豊富で、

旅を遥かに楽しく思い出深いものにしてくれると信じています。

身を切る寒風も、澄んだ空気と空いてる道のためと思い、

予想外の雨も、芸術的な雨上がりの空と雲の前フリと思うようにしている。

しかし、、、しかしですよ

冬の登山と温泉については、軟弱になった自分には最近つらいのも事実。

   

まず持っていける荷物が少ないことが1つ目の問題。

ライディングウェアと登山中の服は全く違うし、贅沢になった今は靴も履き替えたい。

靴下や下着は汗をかくので着替えたいし、おじさんはトレッキングポールも使いたい。

登山時は身軽にいきたいので、厚いライディングジャケットやパンツは置いていくことになり、

人気のない登山口のバイクに、ヘルメットやバッグごと置いていくのも少し心配。

    

温泉に関しては、やはり究極にして最大の問題が「湯冷め」。

温泉でゆっくりと芯から温まっても(いや温まるから悪いのか)、

その後しっかりとウェアを着てスタートしても、

足元や袖口や首元や布地を通して、寒気がヒタヒタと入ってきます。

走行風による体感温度の低下も馬鹿にならない。

体感温度は、一般的には風速1mで1℃下がると言われてるようですが、

体感温度を計算する、こんなサイトがありました⬇︎

特に寒い日だったり明け方だと、0℃かそれ以下で走ったこともあります。

70km/hで走ってると、秒速は19.4mくらいだから、、、

うつなつ

うつなつ

体感は−15.4℃!

寒いわけよ

ジロさん

ジロさん

「湿度が低い方が寒いのかな」と思ったけど、逆の計算結果でした。

温泉でマッタリした後、バイクで震えて歯をガチガチいわせながら走ってると、

うつなつ

うつなつ

俺は何をしてるんだろう、、、

と思ってしまいます。

    

そんなこんなが、四輪だと一気に解決!

調整用の服も着替えもいくらでも持って行けるし、エアコンで好きな温度に設定できるので、

寒さを感じることなく汗もひいていくし、しかもなんとそのまま車内で寝られてしまう。

旅に求める非日常感がないとも言えるけど、脱いだり着たりが少ないのはとても楽です。

    

と、ここまでグダグダ書いてきたけど、よほど寒い日か雨でなければ、

うつなつ

うつなつ

カブで行っても良い気がしてきたな〜

登山スタイルの上に、冬用ジャケットとパンツを着用して、

バッグの容量には余裕を持たせて、登山時は脱いだバイク用ウェアは仕舞って、

下山したら着替えるか、汗がしっかり引いてから出発。

温泉または銭湯は、野宿場所から極力近くで探す。

2月の3連休はあまりお金を使わずに、また香川で眺めの良い低山でも登ろうと思ってるので、

もし車で行った内容がアップされたら、

軟弱者!

ジロさん

ジロさん

と蔑んでください。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA