これからの夢④「カヌーで川を下る」

107 views

先日、東野幸治の「アドベンチャー魂」で、四万十川をカヌーで下るというのをやってました。

うつなつ

うつなつ

これは絶対気持ちエエわ!

四万十川のそばに住んでながら、子供とカヌー体験くらいしかしたことないです。

あと屋形船に乗ったくらいですね。

これもなかなか良いですよ

そう思ってみると、サーフィン釣りダイビングも、

都会人が羨む好適地にいながら、あんまりやってないですね。

登山だけは良い山も無くはないけど、本州にかなわないと思います。

バイクで走れる林道が無数にあって、ゲートが少ないのはとても感謝してます。

なんだ、あれが僕たちの探している青い鳥なんだ。僕達はずいぶん遠くまで探しに行ったけど、本当はいつもここにいたんだ。

メーテルリンク

川は、

  • 道路から見下ろすのと、
  • 河原から見るのと、
  • 水面(カヌー)から見るのと、
  • 水中に潜って見るのとでは、

まったく表情が違います。

子供の頃、川に潜ったことのある者なら、上から見たらなんてことない浅くて小さな川が、

潜って見ると、広がりを持って生命に溢れてたという経験があると思います。

シーカヤックは、持ってる友人曰く「苦行」らしいんで(笑)、

(潮の流れと風に向かうことがあるので)

いつかフォールディングカヌーを買って、のんびり川を下ってみたいなと思っているのですが。

目次

おまけ

昨日図書館で借りた本

優れた日本語の文に触れるために、まずは夏目漱石を読破してみようと思ってます。

カニ宿も行ってみたいな(煩悩)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA