定年後の夢 ②「東海道・中山道歩き旅」

76 views

これはブログでもちょくちょく言ってるけど、20年くらい前から考えてます

志士やお殿様や旅の先人達が歩いたその道を、

日本橋から三条大橋まで(逆でも良いけど)完歩してみたい。

こんな本も昔から買って読んでます。

左の本はリニューアルしたので2冊目(笑)

旧街道を現在の地図上にルーティングして、沿道の名所とか解説してくれてる本です。

本読んでるばっかりじゃなくて、

三重県鈴鹿市に住んでた時に、長女と自転車2人乗りで鈴鹿峠を越えたり

石薬師から関までサイクリングしたりしました。

中山道も20年ほど前のGWに、埼玉の自宅から軽井沢あたりまで行ってみようかと、

テントを積んでスタートしたものの、張り切ってこぎすぎたのか、

うつなつ

うつなつ

2日目に膝が痛くなりすぎて迎えに来てもらった、、、

しょぼすぎる!

ジロさん

ジロさん

定年までまだ5年以上あるので、なんとか歩ける体力とスキルを持っとかないとね。

東海道と中山道は、それぞれ一気に歩きたいので、

四国を細かく歩いて練習しとこうかと、自宅からスタートしてみましたが、

この時も2泊3日の予定が、膝の痛みで1泊2日で悔しながら帰ってきました。

うつなつ

うつなつ

確かに自宅〜足摺岬間の遍路道は険しかったが、、、

夜のウォーキング含めると、普段8,000 〜 10,000歩くらいは歩いているのですが、

1日中、そして連日で歩くとなると、いかに特定の場所にダメージを溜めないかが鍵の様です。

荷物の軽量化もですが、悩ましいのが靴。

四国歩きは遍路道にこだわらず、四国の道やそれ以外も柔軟に歩くつもりですが、

ほとんどフラットな舗装路もあれば、登山道の様な遍路道もある。

ウォーキングシューズか軽トレッキングシューズが良いとは思うのですが、

最近幅広(4E)のシューズが多くて、

そんなに幅広でない私は、なかなかフィットする靴が見つけられません。

どれも5,000円程度だからだめなのかもしれませんが、

アシックスのはだしウォーカー(右)は足指部分がゆるすぎ、

ミズノ(左)は全体的にゆるめ。

そしたら、最近買ったスケッチャーズ(下)がなかなか良い感じです。

足全体の形が自分に合ってるし、靴底も厚く柔らかめで、

逆に足首まわりは思い切って薄く作ってるみたいで、まとわりつかないし全体が軽い。

今までで一番足が痛くならないので、しばらくはこれを履いてみます。

軽い装備と、速くなくても長時間歩ける体と、足が痛くならない靴。

両手でトレッキングポールも持った方が良いかなと思ってます。

もう少し涼しくなったら、続きの足摺岬から練習再開です。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA