汝、星のごとく

41 views

書評、苦手かも

マンガと活字本の紹介を何回かしてるけど、自分でもイマイチだと思ってる。

あまり書くとネタバレになってしまうし、あらすじになってもつまらない。

深く自分の考察をつらつらと書くのも苦手、要はあまり考えずに読んでるのかもしれない。

しかし読んで大きく感動するのも事実だし、そんな本は人に読んでほしいのも本音。

「ちょっと読んでみるか」と思って頂く程度に書いていこうと思います。

うつなつ

うつなつ

最近活字本をどんどん読もうと気合い入ってるし

で、「汝、星のごとく」

独断的オススメ度は、⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ 9

泣けるとウワサの高評価本だったので、図書館でやっと空いて借りました。

うつなつ

うつなつ

泣かなかったが良かったよ

すぐ泣くのに珍しいな

ジロさん

ジロさん

舞台がしまなみ海道(大島と思われます)なのも嬉しい。

京都から引っ越してきた17歳の青埜櫂(あおのかい)と、

島で生まれ育った同じ歳の井上暁海(いのうえあきみ)を中心とした、

17歳からの15年間の物語。

2人の共通点は、ほうっておけない母親を抱えていること。

櫂の母親は男に依存気味で、京都から男を追って引っ越してきた。

暁海は父が不倫相手の元へ行ってしまい、そのせいで母がだんだん壊れていく。

2人は母や父に振り回されながらも、もがき、努力し、惹かれあっていくが、

高校卒業を機に2人の環境は大きく変わってゆく、、、

   

ドキュメンタリーやルポルタージュを除いて「見てきたかのように書く」のが作家なら、

まるでクラスに櫂と暁海がいたかの様に、読んでいると2人の人生を近く感じます。

2人以外の登場人物も個性的、魅力的な人が多く、印象に残るセリフが多いです。

私がドキッとしたのは、2人の擁護的な立場となる北原先生の、

何度でも言います。誰がなんと言おうと、ぼくたちは自らを生きる権利があるんです。ぼくの言うことはおかしいですか。身勝手ですか。でもそれは誰と比べておかしいんでしょう。その誰かが正しいという証明は誰がしてくれるんでしょう

汝、星のごとく P306

という、暁海に決断させたセリフ。

うつなつ

うつなつ

あたりまえだけど忘れていることかも。いつの間にか家族のため、会社のため、立場のため、見栄のために生きていないかと考えました。

   

あと素晴らしいのは「冒頭の4ページ」「ラストの4ページと7行」

くり返しの様に見えて、その間の325ページを読むと、全く印象が変わります。

うつなつ

うつなつ

ま、そこだけでも体験してください

結局全部読むってことやんか

ジロさん

ジロさん

同じ著者の「流浪の月」の様に、すぐに映像化されそうで不安(笑)だが、

良い作品にして欲しいですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA