山陰野宿ツーリング ②

174 views

   

  • 2023年5月3日(水)〜 6日(土) 3泊4日
  • 高知・徳島・香川・岡山・鳥取・島根・広島・愛媛
  • ジクサー150
  • 走行距離 1,338km
  • ソロ

ツーリング2日目は大山を目指します

ジロさん

ジロさん

その①はこちら⬇︎

5/4(木) 岡山県高梁市〜鳥取県境港市

朝食用のカップラーメンを夕食に食べてしまったので、朝食無しで撤収。

7:30頃出発しました

吹屋から砂湯へ

里山の1車線道路を走り、前の晩に地図を見てて急遽寄ることにしたのが、

吹屋ふるさと村

ベンガラ生産で富を築いた豪商たちが作った街並みだそうです。

「男はつらいよ」にも出たという旧吹屋小学校もとても立派な建物。

2012年まで「現役最古の小学校校舎」として使われてたとか。

なんだかサイズ感がおかしい顔出し看板

顔出し看板もやってみたい物の1つだけど、

おっさんが1人で撮影してたら寒すぎるな〜

ジロさん

ジロさん

うつなつ

うつなつ

ましてや他人にシャッター頼むなんて、、、

こんなGOな物もありましたが

東方向へ引き返し、真庭市を目指します。

次にやってきたのは、ここもいつか行きたいと思ってた湯原温泉の砂湯。

無料の混浴露天風呂です。

女性はご年配の1人しかおられませんでしたが、

うつなつ

うつなつ

昼間から入る露天風呂は格別!

ワニ族?

事前に砂湯を調べてたら出てきた「ワニ族」という言葉。

何かと思ったら、

女性が入浴するのを待ち構える男性のことで、その様子がワニに似ていることから、温泉の関係者からそう呼ばれている。

だそうです。

本当にワニの様に、目から上だけを出して待ってる輩もいれば、

駐車場で女性が来るのを待っているタイプもいるとか、、、。

そりゃ混浴で若い女性が入ってれば嬉しいけど、それはラッキースケベとでも言うべき物で、

日焼けで真っ黒になるくらい繰り返したら犯罪では?いや混浴だからいいのか?

ワニ族がいたかどうかは分かりませんが、わざと見学者に露出してる風な人はいた(笑)。

    

バイクで温泉に行くことのメリットは、駐車場が近くて優遇されてる事が多いのと、

風呂上りに走る風の心地よさですね(冬を除く)。

県道を走り継いでるせいもありますが、私の好きないわゆる里山の雰囲気の道が多いです。

ジンギスカン食べて大山ぐるっと

蒜山高原の「ウッドパオ」というお店に到着。

ここではあえて行列に並びます。

売店見てたらこんな物が⬇︎。

メフィラス星人?

と思ったら、「スイトン」という蒜山高原に昔から伝わる妖怪らしい。

40分並んで食べたのは、

ジンギスカンセット、ラム肉増量 2,250円
うつなつ

うつなつ

ジンギスカン、私の好きな言葉です

昨夜「シン・ウルトラマン」を観たので影響が、、、

ジロさん

ジロさん

しかし前回の記憶がないくらい久しぶりのジンギスカンは、

「あれ、こんなにアッサリなのという感想。

悪く言えば味に深みがない感じで、タレの味で美味しくは食べられたのだけど。

確かに牛肉より美味しかったら、皆羊ばかり食べてるのかもね。

   

大山に向かう道はそれなりに混んでるので、前回行った南側の鍵掛峠には向かわず、

北側をぐるっと3/4周することにします。

幸いそちら側は道路も空いていて、気持ちよく走れました。

しかーし、

ま、私のツーリングではよくある事です

仕方なく北側のR9まで出たので、この旅初めての日本海。

気を取り直して、K30で再度大山に向かって走ります。

15時頃、国民宿舎やスキー場もある賑やかな場所に到着。

美術館に寄って、今夜は海岸で野宿

ここからK24で西の米子市へ向かうのですが、また旅行直前に知った場所に寄り道。

植田正治写真美術館

美術館・博物館は好きですが、GWは建物系は寄らないでおこうと思ってました。

でも、この美術館のHPを見たら、

うつなつ

うつなつ

あ、これ好きかも。そして混んでなさそう(失礼)

まあそこそこ人(カップル多し)はいたのですが、1時間ほどかけてゆっくり全展示見られました。

窓ガラスに帽子が書いてある撮影スポットで、皆ポーズをとって撮りあってるんだけど、

顔出し看板同様、撮影するだけにしておきます(笑)。

部屋を巨大なカメラにした1室もあり、リアルタイムの大山が壁に投影されてる!

ショップで絵葉書を3枚買って美術館を後にしました。

   

米子から境港へ走り、今夜の寝床を探します。

事前に当たりをつけてた公園は、トイレ(水場)までが遠くて今ひとつ。

更に境港に向かって走った砂浜沿いに、良さそうな場所があって張りました。

ちょうど向かいに、明日行く三保関が見えます(灯台は見えないけど)。

夕食は「鳥皮のピリ辛炒め」。

と梅酒

そして「炊いたご飯」と「サバの味噌煮」。

と梅酒

道路との間に薄い松原しかないので、うるさいかなと思いましたが、

波の音とミックスされ、梅酒の効果もあってよく寝られました。

本日の走行 287km

本日の感想
うつなつ

うつなつ

顔出し看板、撮るべきか撮らぬべきか、、、

その③はこちら⬇︎

関連記事

2 件のコメント

  1. ジクサー乗りです。いつも楽しく拝見しております。質問ですが最近低めのハンドルに変更されましたがタナックスさんのラリータンクバックを搭載してのハンドル操作に問題はありませんか?出来ればノーマルハンドルの自車にと考えています。このタンクバックのレビュー含めてよろしくお願いします。

    • こまめきそうさん>
      コメントありがとうございます。
      現在のハンドルに交換してからタンクバックを装着してないんで、こんど試してみますね。
      確かに小さめのバイクなので、前のアップめのハンドルでもUターンの際にはタンクバッグとスマホホルダーが干渉してました。
      タンクバッグをつけた時には、ホルダーを外してタンバックの上面にスマホを入れて対処してました。
      あとタンクバッグを上に伸ばして容量アップした際には、身長186cmの座高でも「こりゃメーターが見えない」という状態にもなってました。
      ジクサーはタンクの凹凸で前側の吸盤の場所がピンポイントになる為(Sマークの上くらい)もあると思います。
      メーターの視認性も含めてレビューできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA