山陰野宿ツーリング ③

173 views

   

  • 2023年5月3日(水)〜 6日(土) 3泊4日
  • 高知・徳島・香川・岡山・鳥取・島根・広島・愛媛
  • ジクサー150
  • 走行距離 1,338km
  • ソロ

その①はこちら⬇︎

うつなつ

うつなつ

今日は2つの灯台と2つの城攻めです

5/5(金) 鳥取県境港市 〜 島根県出雲市

日本海を望む海岸で野宿した朝。

朝食はしじみ醤油味の「松江ラーメン」と「昨日の残りごはん」。

こんなん食べてるから旅に出ると太るんや

ジロさん

ジロさん

キス釣りに来た地元のおじさんと、しばし談笑しました。

撤収して7時過ぎに出発!

美保関灯台へ(登らない)

まずは境港市街を通過して、美保湾の向かいにある美保関灯台へ。

ここからも見える大山は、やっぱり鳥取のランドマークですね(ここは島根か)。

美保関灯台は明治31年初点灯で、山陰最古の灯台です。

旧事務所や宿舎は、現在ビュッフェになってる様だけど今日はお休みで入れない。

引き返して西へ。

穴道湖!と思って撮ったけど実は中海だった

そして南へ走って、月山富田城跡を目指します。

山中鹿之介さんだと思うけど、目が死んでる(笑)

「願わくば我に七難八苦を与えたまえ」と言うよりは、

「女王さまのキツイ責めを与えたまえ」とか「美少女にハイヒールで顔を踏ませたまえ」という感じ

ジロさん

ジロさん

うつなつ

うつなつ

こらこら

月山富田城跡に登る

富田城跡に着きました。

初日の備中松山城にもまさる険しさ!

攻める方は大変、守る方は狙い放題な感じです。

残ってるのは石垣のみですが、コンクリの擬似天守作るよりはこの方が良いです。

北を望むと、松江の町と日本海が見えます。

1600年に城主となった堀尾吉晴が交通とかの不便に耐えかねて松江に移ったらしいです。

戦国から泰平の世になったら、確かに山城は不要なのでしょう。

堀尾吉晴公と同様に私も松江に向かいますが、お昼になったので腹ごしらえです。

ついに雨がポツポツ降り始めた中、「きがる」という蕎麦屋さんに並び、

名物の割子そばを

松江城に登る

腹が張ったら、今日2つめの城攻め。

国宝、松江城です

こんどは平地にあるものの、お城が大きくて5階建て。

殿しか使えない天守の便所

敷地内には「興雲閣」という建物があり、

この派手な部屋は、大正天皇がお泊まりになったらしいです。

明治の建物なので、やはり洋風と和風が混在してる感あり。

松江といえば船での堀川巡りも有名みたいですが、今回は乗らず。

今日行った2城の城主だった堀尾吉晴公。

自販機に書かれたこれもそうですね、超ドヤ顔(笑)

その自販機にはこんなの売ってた。

そろそろ松江を後にして西の出雲市に向かいます。

本当の穴道湖

日本海沿いに出雲日御碕灯台に行くつもりだったのですが、この旅2回目の通行止め。

出雲大社の前を通って、日御碕灯台に着きました。

出雲日御碕灯台に登る

飲食店や土産物屋が多くてにぎやかです。

さすが日本一の高さを誇るだけあって大きいです(43.65m)

あと特徴は、一般客が登れるところ。

全国に登れる灯台は16あるらしいですが、

今まで4カ所行ってたけど、犬吠埼灯台しか登ってないですね。

確か犬吠埼もそうだったけど、観光客が登ることは考えて作ってないので狭いです。

163段のらせん階段、上り下りのすれ違いが大変

外は強風で怖いくらいです。

でも眺めよし

階段が狭いのはもう1つ理由があって、煉瓦と石材の2重構造になっているから。

しかも隙間まである

出雲大社の近くまで戻りましたが、そろそろ寝る場所を決めないといけません。

稲佐の浜の弁天島

浜の近くが良さそうなんだけど、大きく書かれてるのでさすがに無理です。

第2候補の山の上にしました。

お風呂に入って山の上で野宿

昨日砂湯では石鹸・シャンプーが使えなかったのでお風呂に行きます。

出雲市駅の近く

よくある地下から汲み上げた温泉ですが、濃い茶色の湯で、露天にある竹林が良かったです。

うつなつ

うつなつ

でもGW価格もあって、950円と高かった

夕暮れの出雲大社前、明日参拝の予定

今夜の宿は眺めよし、トイレも近くてきれい、いざとなれば屋根もあるという好立地。

少しだけど花火まで上がってました。

夕食は、出雲大社前のファミマで買った「レトルトの穴子」「ポテトサラダ」「ビール」です。

炊飯してのっけて食べました

展望台があるので宵のうちは車が何台か来ましたが、夜は静かに寝られました。

本日の走行 222km

本日の感想
うつなつ

うつなつ

さすがに今日は登ってばかりで疲れた、、、

その④はこちら⬇︎

関連記事

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA