父との会話

60 views

24日の日曜日は、目の手術で入院する母を高知の病院に送って行きました。

日曜なので駐車場もガラガラ。

先週の19日には、父も手術のために同じ病院に入院しています。

2人とも2週間くらいで退院の予定ですが、父は11月にも手術入院の予定があるため、

検査が多くて、ここ6週間くらいは毎週片道2時間の道のりを乗せて行きました。

    

若い頃はぶっきらぼうな印象だった父は、おしゃべりな母と長年暮らしたせいか、

最近ではすっかり多弁になっています(笑)。

父は82歳になる今でも、普段は自分の車で出かけているので、

こんなに父と同じ車に乗ってゆっくり話したのは、すごく久しぶりな気がします。

   

中学時代は自分も反抗期で、

中学出たら寮で5年間生活し、

卒業したら就職して県外に約20年間。

Uターンしてここ15年くらいは同居してますが、

両親は1階、私たち家族は2階なので、

なかなかゆっくりと話す機会もなかったのでした。    

おたがいここまで歳を重ねて、意地や見栄が削れてすこし丸くなり、

やっと少しは普通に話せるようになった気がします。

    

会話の中で驚いた事。

父が小さい頃、広島の呉に住んでいたのは聞いたことがありました。

祖父が呉の海軍工廠で働いていたのも先日墓を見て知りました。

その事を通院に行く車で父と話していたら、

家は呉港を見下ろす高台にあった。

ひろすけ談

とか言うではありませんか。

家の前の道が坂道だったので、三輪車でよく溝にこけた。

その道で一度人が死んでいて、筵が被せてあったのを覚えている。

自分は小さかったので、後日呉に行っても住んでいた家が分からなかった。

ひろすけ談

ある時すごく大きな軍艦が停泊していた。

今思うとあれは「大和」だったと思う。

ひろすけ談

父は昭和16年生まれです。

カブで2017年に行った灰ヶ峰からの呉港
うつなつ

うつなつ

なんと!自分の父がリアル「すずさん」だったとは!

わからない人は「この世界の片隅に」を観るべし、名作!

ジロさん

ジロさん

おまけ

母の冷蔵庫メモシリーズ

うつなつ

うつなつ

北欧の神様あたりでいそう

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA