河原逍遥

88 views

金曜日に雨が降ってスーパーカブを職場に置いてたんで、歩いて取りに行きました

水路沿いに歩いてから、市内を流れる後川の堤へ。

上のルート写真を見ると分かりますが、四万十(中村)市街は四万十川と後川に挟まれた町です

地盤も柔らかいのか、前回の南海地震(1946年)では多くの建物が倒壊しました。

 

いつもは堤防の上を歩くのですが、今日は気分を変えて川沿いを歩いてみます

うつなつ

うつなつ

さっそく草の中に、今まで知らなかったお地蔵さんを発見!

残ってるのは上半分だけの様ですが

左側に見えるのは「明治」の文字でしょうか? 水難とかで亡くなった供養かも。

 

河原から見上げる堤と空がけっこう好きですね

今日も予報通り、気温が低くて風が冷たいです。

実は雪らしきものもちらほら舞ってます

市街の中心を通る、旧国道56号の佐岡橋をくぐります。

職場へはこの橋を渡って、右に行くのですが、意外に楽しいのでツタヤまで行くことにしました

この辺、水面に鳥が多いです。

よく知らないけど、遠くから渡ってきた鳥ですかね

川船がありました。

コロバシ(小エビや鰻を捕る筒)が乗ってるので、今でも漁に使ってるみたいです。

中村大橋(現在の国道56号)をくぐる頃には、雪が強くなってきました。

いまいち写ってないけど

ツタヤが近づいたので、堤防に上がります。

ツタヤの向こうには、土佐くろしお鉄道の橋もあります

ツタヤで本を借り直して引き返し、中村駅の脇を通り

排水場跡?を通って、職場からスーパーカブに乗って帰宅しました。

約1時間半の散歩でした。

うつなつ

うつなつ

久々に1日の目標8,000歩を越えた

最近夜のウォーキングさぼってるからな〜

ジロさん

ジロさん

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA